Author Archives: admin

「ソーシャル・ビジネス・ニュース」 「被災地から日本をよくする100の方法 〜ギフト・エコノミーの幕開け」(NHK出版)の出版のお知らせ

被災地から世界をよくする100の方法〜ギフト・エコノミーの幕開け 被災地から世界をよくする100の方法〜ギフト・エコノミーの幕開け
東日本大震災により、一時は40万人が避難を余儀なくされ、避難所や仮設住宅で不自由な生活を強いられました。被災された方々をなんとか支援したいと、138万人のボランティアが国内外から駆けつけました。瓦礫やヘドロの掻き出しにはじまり、さまざまな試みが行われ、個人、任意団体、NPO、企業、自治体などが、被災者のために少しでも役立ちたいという思いを形にしてきました。

この総体を把握するのはなかなか困難ですが、本書では、震災の際の支援方法、防災のためのアイデアなど被災地における100の取り組みを選び、関係者に取材、編集し一覧できるよう試みました。選択の基準は「ギフト・エコノミー(与える経済)」という考え方に沿った行動であるかどうか。ギフト・エコノミーとは、自ら進んで与えることを前提に成立する経済で、需給関係で価格が決まり、貨幣の支払いと引き換えにモノやサービスが提供される収奪型の市場経済(マネー・エコノミー)とは異なり、「絆とクリエイティビティ」によって成り立つ経済です。

被災地は、少子高齢化、環境、格差などの問題をかかえた「課題先進地域」と言われています。そこで活動する個人や組織は、マニュアルのない中、その解決に向けて取り組んでいる「クリエイティブな存在」です。現在、行き詰まり感のある資本主義世界において、被災地での絆で結ばれるクリエイティブな生き方、働き方の動向を知ることは、新しい展望となるのではないかという考え方が根底にあります。被災地支援も4年目を迎え、「もの」から「こころ」へと大きく転換する節目を迎えています。2015年4月時点で4年間の総括として、横断的にまとめることで今後の展開も見えてくるに違いありません。被災地支援・復興に関心のある方、今後日本の10年の行く末に関心の高い読者にとって必携の書です。

2011/11/21【ソーシャル・ビジネス】シスコCSR見学会のご案内

皆様、お元気でいらっしゃいますか。ASU Int’lの斎藤 槙です。

今日はCSR見学会のお誘いです。

ご存知の方もあるかもしれませんが、現在、私はSBI大学院大学にて企業の社会
責任(CSR)のクラスを担当しています。その中で、大手ネットワークIT企業のシスコ
システムズ(以下シスコ)の石黒陽子さんとの出会いがありました。

●●シスコとは●●
シスコは米国企業で、日本法人は1992年に設立されました。米国ではCSR先進
企業として知られている会社です。「働き方、生き方、遊び方、学び方を変える」ことを
モットーに、ネットワークのあり方を再定義することを使命としています。

アクセシビリティに対する考え方は特に注目に値します。「シスコの製品をどんな人にも
使いやすくしたい」という企業文化がウェブサイトからも伝わってきます。そんなシスコの
想いそしてその実績が認められ、過去にアメリカ盲人協会から視覚障害を持つ人々の
生活向上に貢献したとして「ヘレンケラー実践賞」を受賞したこともあります。

また、つい先日、経営品質協議会より2011 年度日本経営品質賞 大企業部門を受賞
しました。これはシスコの企業文化や各種マネジメントシステム、ならびにビデオによる
コラボレーション・アーキテクチャーが経営革新を実践する卓越した経営手法であると
いう点が評価されたからです。

●● CSR見学会 先進企業から学ぼう!●●
さて、この先進的なシスコの取り組みを実際に見る機会が、この度、石黒さんの粋なお取り
計らいで、可能となりました。来る12月2日金曜日に「シスコCSR見学会」を開催します。

私自身、石黒さんのお話を伺っていて一番驚いたのが、東日本大震災の時のエピソード
です。シスコの日本支社は2週間オフィスを閉鎖しました。しかし、その間、ほとんどの社員
は支障なく業務を遂行したというのです。どうやらその秘密は、シスコの先進的なワークス
タイルにあるようです。このメールをお読みの皆様におかれても、震災直後、「自宅待機」
の企業と、自宅でも仕事が出来た「在宅勤務」の企業では、仕事の生産性に大きな差が
あったのではないでしょうか。CSR見学会ではそのあたりも詳しくお伺いするつもりです。

●● シスコCSR見学会 詳細●●
シスコCSR見学会では、以下の内容をカバーする予定です。

・ シスコについて
・ 企業のコアバリューである「コラボレーション」について
・ ワークスタイル変革ソリューション、その効果について
・ 在宅勤務はなぜ機能するのか?
・ ネットワーク組織(Dynamic Networked Organization)の強み
・ クラウド/データセンターの環境配慮度
・ オフィスツアー、テレ・プレゼンスのデモンストレーション

参加をご希望の方は先着10名様まで、参加費は無料です。

日時:12月2日(金) 18:30から21:00まで
場所:〒107-6227
港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー シスコ受付:21階
参加:無料 先着10名様まで。11月28日(月)までに斎藤槙にまでメールをください。
maki@asuinternational.com

講師の石黒陽子さんのプロフィール
外資系IT企業のコンサルタントとして各種大規模システムの提案、ビジネスモデルとIT
戦略の策定、IT統合などのプロジェクトを担当。シスコ入社後はクラウドや情報通信基盤
領域におけるビジョン策定や戦略立案などのコンサルティングを担当。TOGAF認定プラ
クティショナー(Enterprise Architect)。

以上です。皆様の参加をお待ちしています。斎藤槙でした。

●ASU International LLCについて
企業も社会もハッピーな結果を生むBusiness For Social Responsibility
(社会責任を果たすビジネス)を目指し、ASU International社はお手伝い
いたします。

● ASU International LLCのホームページ
http://www.asuinternational.com/md/company/

●このメールマガジンの購読を中止したい場合は、まぐまぐ上の
http://archive.mag2.com/0000090131/index.html
から解除をお願いいたします。アドレスの変更は、登録解除後、新しく配信
を希望するアドレスを登録してください。

●ソーシャルビジネス・ニュースー社会責任ビジネスで社会を
良くし、楽しく儲けるのバックナンバー
http://blog.mag2.com/m/log/0000090131/

2011/11/08【ソーシャル・ビジネス】ロックフェラー氏の環境保護の講演会ご案内

朝夕一際冷え込むころ、皆様、お元気でいらっしゃいますか。
ASU Int’lの斎藤 槙です。

今日は2つお知らせです。

1つ目は最近NTTコミュニケーションの副社長でいらっしゃる海野忍さんと
対談させていただいた様子が以下のリンクに掲載されました。よろしければ
ご覧ください。

http://www.ntt.com/csr/data/dialog.html

2つ目はご縁あってお手伝いさせていただいているロックフェラーご夫妻の
環境保護に関する講演のお知らせです。どなたでも無料で参加できますので
ぜひ、いらしてください。以下、詳細となります。

日時: 2011年11月8日 13時ー15時半
場所: 永田町 参議院議員会館 1F 講堂
テーマ: 海洋自然保護について「次世代の次世代にいかに地球を手渡すか・
壊れゆく海」
参加: 入場無料 当日 12時45分までに講堂にお越しください。

概要:
来る11月8日に、米国よりロックフェラー財団会長でロックフェラー家次期総帥の、
ディビッド・ロックフェラー・ジュニア夫妻が来日し、環境保護問題に関する基調
講演を行います。

今回の来日の目的は、海洋自然保護活動の国際協力です。11月8日にロックフェラー
夫妻が設立した海洋自然保護NPO団体、セイラーズフォーザシーの日本支局を設立
します。主要海洋国として、また生物多様性会議の議長国を務めた国として日本の海洋
環境への影響力は大きく、このたび太平洋を共有する日米が民間レベルで協力して
自然保護教育に取り組みます。

問い合わせ: 井植美奈子 井植インターナショナル内
075-411-8585 090-8382-4794 minmin@okitsu-kyoto.com

ディビッド・ロックフェラーJr.夫妻 プロフィール:
●David Rockefeller,Jr.
デイビット・ロックフェラー・ジュニア
デイビット・ロックフェラー・ジュニアは米国ロックフェラー財団の第12代会長で、父、
ディビッド・ロックフェラー氏の後継者としてロックフェラー一族の次期総帥に選任さ
れています。
ハーバード大学および同大学の法科大学院を卒業後、米国を代表するフィランソ
ロピストとして、環境保護、芸術振興、公教育、慈善活動をはじめ、多岐にわたる分野
において優れた非営利活動を展開しています。
また、ヨットマンとして40年以上のキャリアを持ち、海洋と人類との新たな共生関係を
築く観点から、2004年に海洋環境の保全を目的としたNPO法人 「Sailors for the Sea」
セイラーズフォーザシーを設立しました。
セイラーズフォーザシーは海を愛する仲間を中心に、海洋自然保護活動、環境教育
海洋由来の食糧確保への提言、競技時の環境保全基準値設定など幅広い活動を行っ
ています。また、世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」2013年の公式サステナビ
リティ・パートナーに選出されています。
●Susan Rockefeller
スーザン・ロックフェラー
スーザン・ロックフェラーはニューヨーク出身のドキュメンタリー映画制作者として環境
問題、発展途上国医療、従軍兵士の音楽療法などの問題をドキュメンタリー映画を通
して提唱し数々の賞を受賞しています。HBO,PBS,ディスカバリーチャンネルなどでテレ
ビ放映も繰り返され、著書も多数にのぼります。
ニューヨーク大学大学院在学中から環境問題に深い関心を持って取り組み、現在は
海洋自然保護団体OCEANAの理事、ロックフェラー家の所有地にある農園・ストーン
バーンズの継続的農業委員会の理事、NRDCのグローバルリーダーシップの評議員を
務めるなど、環境保護活動に積極的に取り組んでいます。

以上です。斎藤槙でした。

2011/10/01【ソーシャル・ビジネス】人間の安全保障のセミナー&コンサートのお誘い

皆様、こんにちは。ASU Int’lの斎藤 槙です。今日はリマインドメールです。

ご縁があり春からお手伝いさせて頂いている人間の安全保障フォーラムの
セミナー&チャリティコンサートがいよいよ明日、開催されます。

明日14時から東京にいらっしゃり、お時間のある方、是非いらしてくださいね。
参加は無料ですが、寄付をお願いしています。当日寄付も歓迎致します。

人間の安全保障シンポジウム&チャリティコンサート
~一人ひとりの命と財産を尊厳を守るために~

「人間の安全保障」と東日本大震災

★第一部 シンポジウム★
日時:2011年10月8日(土曜)午後14時30分ー16時20分
場所:東京大学駒場キャンパス講堂(900番教室)
登壇者:
宇都宮健児(弁護士、日本弁護士連合会会長)
辻元清美(衆議院議員、前内閣総理大臣補佐官 災害ボランティア活動担当)
高須幸雄(HSF理事長、東大大学院総合文化研究科特任教授、国連事務総長
特別顧問、前国 連大使
主催:東大大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム(HSP)
「人間の安全保障」フォーラム(HSF)

★第二部 コンサート ピアノ 平原誠之★
日時:同日午後16時30分から18時まで
場所:同上

詳細は、以下を参照ください。

http://hsp.c.u-tokyo.ac.jp/symposia.html#2011a1

お待ちしています。斎藤槙でした。